久しぶりの帰省

約2年ぶりに地元へ帰省しています。家族と久しぶりに会えて、母の美味しい手料理を家族と食べることができ、足を伸ばして浴槽に浸かることの出来る幸せを味わって、やっぱり地元はいいなと思っていました。

幸せな気分で中学高校と同じ学校へ通った友達とも久しぶりに再会し、近況報告や周りの変化を報告し合っていたのですが、なぜかイマイチ話が盛り上がらず…

今の時代SNSで繋がっているので、友達の結婚、妊娠の話も何となく知っていたので話題性に欠け、お互いに話題を考えると言う今までにはなかった時間を過ごしました。

沈黙の時間もあり、ここはお互い心を許してるからなのか、居心地が悪かったからかスマホをいじったいたり。

数年前までは共通の話題で何時間でも話し、どんな話題でも盛り上がっていましたが、お互いに成長し距離と時間があると、こんな感じになってしまうのかと少し悲しくなりました。

学生と社会人と言う差もあるのかもしれませんが、大学の友達との時間の心地よさや、一人暮らしの友達と助け合う時間がとても恋しくなりました。

中学、高校の友達も大切ですが、やっぱり将来目指す方向が似ていたり、より自由になった学生生活を一緒に過ごす大学の友達のありがたさを感じることが出来ました。

でももう白髪交じりの同級生が増した。
社会人になるとそれなりに大変です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です